狂犬病注射で脳性麻痺

おはようございます☀
大きい文字で読みたい方はこちら♡

今日は、半年前に我が家のメロディが狂犬病の注射をして
脳性麻痺がおこってしまった件についてです。

それまで、私も母も狂犬病接種は必ずしなければいけないもの、
という認識でいましたので毎年
地域に来てくれるお医者様へ
3匹のわんこを連れていっていました。

しかし2017年、いつも通り受けに入った狂犬病の注射によって
メロディが一時的な脳性麻痺になってしまいました。
私自身は、実家に住んでいないため
母から聞いた話にはなりますが、
注射を受けた夜
メロディの目が突然白黒きょろきょろ異常に動き出して
ふらつきがひどくなってしまいました。

次の日朝起きると、顔も体も右側に傾いてしまい
普通に歩いていても転んでしまうような状態に。
もちろん大好きなお散歩も転んでしまうため
できなくなってしまいました。

あまりにもかわいそうな姿で、
動画などは撮っていないのですが

このような傾きです。

段差なども一人で降りられらなくなってしまったほどでした。
すぐに注射を打っていただいた先生に連絡をし
「無償ですべて治療をします。」とのことでしたが
なんとなく、信じられなくなってしまい
別の病院で治療をすることに・・・。

毎日1万7千円の注射を5日間続けた結果
体や顔の傾きがすこしよくなりました。

こんなことになるまで、
全く疑問を持ったことがない狂犬病などの予防接種ですが
調べてみると実際に、メロディと同じようにマヒがでたり
体調が著しく悪くなるといったことは
珍しいことでもないようでした。

たまたま色々な偶然が重なって
このようなことになったのだと思いますが
病院の先生からは
「受けなくてもいいよ、とは言えないけれど
そういう状況なら来年からの予防接種の判断は
飼い主さんにお任せします。」と
いわれました。

わんこを飼っている方には
是非このようなことが起こりうるということを
知っていただきたいと思い、書きました。

拡散をしていただけると嬉しいです。

ちなみに半年経過してメロディは段差も乗り越えられるようになりましたが
朝起きた時などは、まだよろつきがあり
少しだけ後遺症が残っている状態です。

母とは、ほかのハーモニー・ネロちゃんも含め
来年以降の狂犬病の予防注射は見送りたいね、と
話しているところです。

Follow me!

スポンサーリンク

コメントをする✎