あなたの保険は、本当に必要ですか?~生保レディの裏話①~

こんばんは^^

24歳OL、元生命保険営業のあきです!

今日は元生命保険会社の営業として学んだことから
下記の3のポイントから
あなたが現在加入されている保険は本当に必要かどうかを
考えていただきたいと思います。

スポンサーリンク

1.保険は貧乏な人が入るもの
2.高額医療費を知っていますか?
3.入院費3日目からの罠
4.上記をふまえたオトクな保険とは

それでは早速みていきましょう!


1.保険は貧乏な人がはいるもの
そもそも生命保険とは、裕福な人が入るのではなく
貧乏な人が入るものと言われています。
なぜなら、ある程度の貯金がある人は
毎月の掛け捨て額>実際の治療費や入院費
という構造になってしまうからです。
また、後に書く高額医療費制度を使えば
自己負担額が少額で済むことが多いからです。

しかし、法人などでは節税対策にも使われることがあるのは
事実です。経営者の場合は、少し状況が変わってきます。

2.高額医療費を知っていますか?
こちらは健康保険組合に加入されている方が対象になりますが
「高額療養費制度」の申請をすることによって
一定のライン以上のお金が戻ってくる制度です。
この制度は、話題には挙げられるものの
実際に自分が対象者であるということを
知らずに申請しない方が多いというのが現状です。

詳しくは健康保険組合 高額療養費制度をご覧ください。

スポンサーリンク

3.入院費3日目からの罠
現在の平均入院日数は30日ちょっとと言われていますが、
その数字は延命治療やがん治療など長期で入院されている方を含みます。
実際に、重症な患者さんを除けば
病院としてもベッドが埋まってしまうのは嫌なので
2日~3日で退院させられてしまうのが現状です。
しかし、古いままの保険だと入院費は3日目、もしくは4日目、
ひどいものだと5日目以降しかでないものが大半です。
せっかく入院して、ようやく保険を使う時がくると思ったら
思った以上に給付金が少なかったというのこのパターンです。

また、差額ベッド代や入院食は
給付の対象でしょうか?昨年くらいから
こちらが給付対象になるものが増えてきましたが
(明治安田のベストスタイルなど)
この点は、長期の入院になると額も変わってきますので
せっかく入っているならば要確認の必要があります。


4.どのような保険がよいのか
それでは一体何を信じればよいのでしょうか。
ちなみに保険会社のいわゆる外交員は
月に3件契約をとりなさい、2月、4月、7月、11月は
5件を目指しなさいと言われます。
新卒で入る人の待遇は改善されてきていますが
いわゆるおばちゃん外交員は、
契約がないと、給料0円。
むしろ菓子折り代でマイナス、なんてこともザラにあります。
これを知っているだけで、どうして外交員が
必至に連絡をとってくるかがわかりますね。

私自身がやっていて一番、心苦しかったのは
ベストな保険をお客様に提案することよりも
会社として、ポイントの高い保険を提案されるよう
指導されたからです。

私自身、今は無保険ですが
例えば若い結婚をしたばかりの女性であれば
帝王切開の可能性があるので
帝王切開にたいおうしている保険に入る。

サラリーマンの方であれば
団体保険+足りない部分を通常の保険やでまかなう。
団体保険がなければ
県民共済+足りない部分を通常の保険でまかなうのが
一番コスパがいいと思います。

また、せっかく保険にはいるのならば
先進医療の特約は必ずつけたほうがいいです。
あれは、一度の治療で200万円などかかるときに
使えるので価値はあると思います。

また、現在CMではやっている
所得がなくなったときのための特約については
個人的にはあまりおすすめしません。
あの特約は保険会社にとってポイントが高いもので
それはつまり、お客様にとってはコスパの悪い特約になりがちです。
実際に働けなくなるレベルの要介護状態になる方は
決して多くはありません。

その点の事情をふまえた上で、
どういう意図があってそういうプランを提案されたのか
そんな見方をしながら設計書を見ると
見えてくるものがあるかもしれませんね。
毎月クーポンもらえる!mamariプレミアム

あきのお役立ちブログバックナンバーはこちら!

Follow me!

スポンサーリンク

コメントをする✎