森見登美彦「夜行」をよんだよ!

こんばんわ~☽

私、週刊ダイヤモンドとかも結構読むけど
やっぱり一番幸せを感じるのは
小説を読んでいるとき。

この間、旦那さんと二人で平日におやすみをとって
近所のりっちな感じの温泉にいってきました!

そこでの~んびり~リクライニングシートで
一日読書!肩がこったら、お風呂!ってかんじで・・・

この本はね、久しぶりに、エンディングでぞわっとした!
鳥肌立った!

初めてもりみーこと森見登さんの本を読んだんだけど
ミステリー感がすごくって
読んでる途中、トイレいくのもこわくなるくらい
「なんで?」「なんで?」「なんで?」って
頭がはてなだらけ!!!

この人の本ははまるかもしれないな~
最後に全部の謎が解けて
光と影の意味を考えさせられるそんな本でした。
こんな結末は予想外・・・。

ちなみに私が本を好きになったきっかけは
幼稚園のとき、家事のnewsをみて
ままに「この🏠の人たちは、命からがら逃げ出したの?」って聞いたの。
そしたら、「どこでそんなに難しい言葉覚えたの?」って!
「ブレーメンの音楽隊をよんだんだよ!」って。
「すごいね~(^^)/」ってほめてもらったことがきっかけ。

子どもって本当に小さいことでも
単純だから、嬉しいし
反対に言えばものすごいトラウマになったりもする。

私は教育学部をでていて、一時は学校の先生を目指したこともあったんだけど
子どもの一番大事な時期に、
自分が指導していいものか、その責任をおいきれない、と感じて
やめてしまったの。

これからおそらく近いうちに、
私も子どもを育てることになるんだろうけど
きっと今よりもっと考え方とか変わるんだろうな~・・・!
あきのぶろぐBackNumberはこちら!

【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夜行 [ 森見 登美彦 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/10/17時点)



Follow me!

スポンサーリンク

コメントをする✎